タイムアタック!進撃の巨人⑤~⑧

メモとりすぎである。まいてこ!
①~④巻感想はこっち

進撃の巨人 5巻

  • 前線であれほど切羽詰まった状況が展開されているのに、中央区は100年以上被害を受けない生活が続いているこのギャップ…と思ったけど、日本でここ数年増えていく一方の災害被害地域と、現状は被害を受けていない地域の差を思うと不思議なことではないし、それで言うと私は中央区の人間なのだ…
  • 「自分に都合のいい憶測ばかりで話を進めたって現実と乖離するだけ」は胸に刻んでおきたい
  • ミカサの明確な殺意の目線
  • 「なぁエレン」でビクッとするエレンが珍しく人並みで可愛い(※植えつけられた痛みのせいです)
  • 「俺を憎んでいるか?」ってわざわざ聞くんだな兵長…
  • オルオにドン引きしてるペトラの空気がわかりすぎてつらい
  • ソニー&ビーンってなんだっけ 旅人捕まえて食べてた一族だっけ?
  • 百億回言われてるだろうけど、生首けっとばしたハンジさんの絵すごくいい 
  • 私は自分が絶対無様に泣きわめいて死ぬMOB性質の自覚があるので、ギリギリの精神状態で踏みとどまるこの子たちがもう…本当に…道行きに幸あれとしか…
  • エレンにとって何もかも新境地だし新生活だし、兵長はじめ周囲の人たちは落ち着いているけど何かあったら自分を殺すための人々なわけで、そんな中で「自分も信頼関係を築けるだろうか」って思ってしまう彼の孤独よ
  • 「…あのチビは調子に乗りすぎた…」のミカサ、あまりにも好き
  • 平地、逃げ場がなくて死ぬほど怖い
  • 走ってくるゾンビも嫌いなんだから、走ってくる巨人が好きなわけないじゃない…!

進撃の巨人 6巻

  • 女型の巨人のデザインもかっこいいよね…「めがた」ってわざわざ言うのも面白い。女性の特徴を持つ巨人がそもそも少ないのかな?
  • あの巨体で、あの大きな指で、すっ…とフードだけをめくって確認する時の絵の迫力。息を呑んで見てしまう。そしてそんな繊細な動作ができることにも動揺する。
  • 「誰の物とも知れねえ骨の燃えカスに がっかりされたくないだけだ」ジャン…
  • しばらくは既読なのでライナーの事情もある程度までは知っているんですが、それを踏まえても「あのジャンが変わったんだな」って相手を見て正当に評価を修正してるの、すごい なんかこう すごい やるせないというか切ない
  • うううめちゃくちゃ怖い 逃げも隠れもできない平野怖い
  • ライナーと女型の巨人の目があった?瞬間、女型の巨人の唇が笑んでるように見える…
  • 指切り落として脱出するライナーのコマ、めっちゃかっこいい
  • 頭うってちょっとぽやーっとしてるアルミン可愛い
  • ネッチョオオオ
  • クリスタ可愛い
  • 酵母の設定すき 異世界の謎アイテム大好き
  • ヒュンヒュン怖すぎる
  • 進撃の登場人物、極限での恐怖やどでかい感情に襲われた時に、ものすごく真顔というか、無の表情になるよね…
  • 巨大な森の道路が舗装されてるのときめく
  • しかしときめいている場合ではない 人がぺちぺち潰されていく
  • 前巻読んで「エレンの環境は精神的に孤独すぎる」と思ったわけですが、実際エレンは孤独で、信じてと言われて、仲間が欲しくて、自分を仲間だと思ってほしくて信じる選択をした
  • そこに選択があったというだけで、エレンは間違ったわけではないと思う
  • 先の展開を知っているだけに兵長の言葉は重い
  • 兵長って結構自分の内心を言葉にできるよね =感情の吐露ではなさそうだけど、考えて考えてきたことを言葉にできる人なんだな
  • そして捕獲された女型の巨人を見る目の恐ろしさよ
  • このシーンだけはアニの気持ちになってお腹がひゅっとなる…

進撃の巨人 7巻

  • 巨人の顔ってなんでこんな絶妙に気持ち悪いんだろう…
  • リヴァイ兵長はそんなこと言わない
  • 「結果を知ったあとで選択をするのは誰でもできる、後で「こうすべきだった」って言うことは簡単だ」って台詞は自分に刻んでおきたい…自分はアドリブがきかないから咄嗟の選択でできることなんて限られてるのに、他の出来事に対してあれこれ言いたくなったらこれを思い出したい
  • それでも切り捨てる100人が精鋭なのは損失大きすぎる!と思う反面、そもそも精鋭でなければここへたどり着けず、逆に例えば病気や老いで長く生き残れないような人ならいいのか?っていうとそれも違うよね…
  • 「あれは楽しかったりするのか?」
  • 淡々としてるのに怒り狂ってるのがわかる兵長の長台詞
  • 「いつもより百倍してください!」「私も山育ちなんだけど…」「野菜作ってた子にはわからないですよ!」警戒心爆上がりしてるサシャもギャップ萌えだし、勢いにおされてる時のミカサの妙に無垢なかんじきゅんとします
  • ゴーグルあげて汗拭ってるハンジさんの絵すごくいいですね
  • この、ここからの…逃げおおせて、フードかぶって人型で襲いかかる→巨人化のスピード感がお話の流れとしてかっこよすぎて
  • それでいて、「これが最善策だ」「我が班の勝利を信じてます!」にかぶせて「最善策では勝てない」ってエルヴィンの台詞があるのがね…
  • 仲間を殺されて「今殺す!」「ここで惨めに死ね!」「クソ女型に報いを!」の3人が死ぬほどかっこいい
  • オルオ(討伐数多いのいいよね)もいいけど、ペトラさんですよペトラさん
  • 女性は女性と認識されながらも、一般的な物語における女扱いが薄いの、すごくいいですね。お色気もない、後方支援で無事を祈ることに男女は関係なく、現段階では性的な辱めもうけない。弱者扱いされて守られることのない代わりに、男も女もなく共に死地に立ち、最善を模索できる仲間なのだ…ということは男性の気負いも負担も減るんだよなあ…
  • 「俺が選択を間違えたから」は結果論だし、その時の最善だったのに、でも最善では届かなかったというこの死地の局面。仲間を信じて、仲間が勝って、皆で生き残れたらよかったね…
  • 亡骸となって転がる彼らを見る兵長の、名状しがたいこの無の表情よ…
  • 「返せ」のミカサ、相手が女型だからか「この泥棒猫」とでも言わんばかりである

進撃の巨人 8巻

  • ヒッチのキャラデザ可愛い ウェーブのショートボブとまつげ…
  • 憲兵団の上官たちは、酒とタバコとギャンブルで楽しいのだろうか…楽しんだろうな…
  • ここのアニの長台詞、昔「なんだこの台詞回しは~~~~お前は結局何を言いたいんだ~~~~!!」と思った記憶があるけど、今読むと「正しいお前が特殊なんであって、『普通の人間』ってのは別に良くも正しくもないし、それが人間だ」って言ってるだけだった…
  • この話の意図をちゃんと汲み取って「全員が正しい人であることを前提とした仕組みに問題があるのなら、変わるべきは人じゃなくて仕組みのほうなのか?」とまで思考できるマルロは相当優秀なのでは
  • 前からだけど、なんとなーくほのかなアニ→アルミンを感じる
  • アルミンはそれをなんとなーく感じ取っててうまいこと誘導した感ある
  • 「きっとか弱い乙女の気持ちなんて」→(目のアップ)→「わからないだろうさ」(ここでアルミンが映る)ここが一体どういう感情なのか、アニが真顔過ぎてよくわからない…ただただ切実な「人の気持ちも知らないで」というアピールと受け取ればいいのかなあ
  • アニのこの…基本的に冷徹な中に、同じ釜の飯を食べた元訓練兵の仲間相手に対しては垣間見せる僅かなデレとか…心配とか…躊躇とか…迷いとか…そういうのも確かに感じるからアルミンも信じたくなかったんだろうな
  • そしてアルミンもエレンも信じたくなくて必死な中、一回エレンを奪われたミカサはガチ戦闘モードなの対照的ですね…そしてこの「不毛」のカットものすごく美しいね…
  • 「まだアニと戦うことを…躊躇してるんじゃないの?」からのミカサが怖いよ! こんな表情で描かなくても十分迫力ある台詞だと思うんですけど、ここでこういう表情で描くから進撃の巨人なんだろうな…
  • 「俺はもともと結構喋る」これはほんとにそう思う(読者目線)
  • 結果論でエレンを責めない兵長は大人だ。彼自身がきっと一番そのことについて自問自答し続けて、「わからない」という結論に達してるわけだもんな 
  • 「特別な感情でもあるの?」気になるのかミカサ~~
  • 「なんでお前らは戦えるんだよ」のアンサーが「世界は残酷なんだから仕方ない」の、この作品独特だと感じる
  • この規模の人口で宗教がないわけがないし、壁内の世界ができた背景を考えると既存宗教がいくつかあっても不思議ではないんですけど、ピックアップされているのがこの極端で過激な「壁宗教」なのはこの先なにか意味があるのかな
  • そういえば登場人物に宗教色って薄いし、これだけ死に近い調査兵団も信仰がないよね。歴史も長いし、守護神作り出しても不思議なさそうなのになあ。彼らが心臓を捧げるのは、神様ではなく人類の未来になのだな…
  • 自分の指の下で死ぬ一般人たちを見ての、女型の巨人の内心が読めない…何も感じていないようにも見えるけど、わざわざ視線を落として丁寧に描写が入ってるわけで…
  • 「アニ 落ちて」の奇妙な静けさよ
  • 壁の中の巨人 これ気になってたんだった(当時の記憶)読んでいけばわかるかな
  • さっき宗教についてうにゃうにゃ言ってたけど、本当に意味あるようですね(伏線回収)
  • ゴーグルあげたハンジさん、ちょーかっこいいね…

限界まで読むぞ!
①~④巻感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です